東京都港区六本木の根管治療 | 恩地デンタルクリニック
HOME>根管治療

根管治療

根管治療
根の病気って何?どうして根の治療をするの?
根の治療をする時は、主に二つの場合があります
歯髄炎の場合

虫歯が大きくなると神経にまで達し、歯が痛くなったり、しみるようになります。さらに放っておくと痛み止めや麻酔が効かない程の激痛がおこります。

  • 虫歯が歯の神経まで到達している状態。

    虫歯が歯の神経まで到達している状態。

  • 虫場を取り除きます。

    虫歯を取り除きます。

  • リーマーという器具を使って神経を取ります。

    器具を使って神経を取ります。

  • 神経の入っていた空洞をガッタバチャーという薬で封鎖します。

    根管内に薬を詰めて封鎖します。

  • 土台を入れて補強します。

    土台を立てます。

  • 出来上がったかぶせを調整します。

    出来上がったかぶせものを調整します。

  • 歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

    歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

根尖性歯周炎の場合

死んでしまった神経や細菌が原因で根の先に膿が溜まってしまい、痛みが出てきます。風邪をひいたり、疲れがたまっている時など免疫力が低下すると特に痛み出します。

  • 根の先に膿がたまっている状態。

    根の先に膿がたまっている状態。

  • リーマーという器具を使って歯の中に入っている古い薬を取り除きます。

    器具を使って、詰めてある古い薬や最近を取り除きます。

  • 状態が良くなったら歯の中の空洞をガッタバチャという薬で封鎖します。

    状態が良くなったら、根管内に薬を詰めて封鎖します。

  • 土台を入れて補強します。

    土台を立てます。

  • 出来上がったかぶせを調整します。

    出来上がったかぶせものを調整します。

  • 歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

    歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

以上のように根管内の感染した神経や細菌をきれいに取り除き、お薬を詰めることが根管治療といわれるものです。
根管は十分に消毒されたあと、完全に封鎖されることで細菌の感染から守られます。
根管は非常に細く、形も複雑なため、歯科治療の中でも最も難しい治療のひとつといわれています。
しかし歯の治療の基礎工事となるため、歯を長持ちさせる上で決して欠かすことのできない重要な治療です。

できるだけ歯を抜かない治療をおすすめしております。そうなる前に定期的に検診を受ける習慣をつけましょう。