東京都港区六本木の根管治療 | 恩地デンタルクリニック
HOME>再生医療(象牙質移植)

再生医療(象牙質移植)

再生医療(象牙質移植)
当院では、口腔内組織の再生治療を全般的におこなっております。

インプラント治療などを行う場合に、骨の量が足りないことにより、骨移植や人工骨を用いますが、当院の再生治療はその方法とは違います。
当院の再生治療は「象牙質移植」と呼び、ご自身の歯を特殊処理した象牙質を再生医療に用いています。

通常の骨移植は患者さんに負担が多く、人工骨は、もともと人間の体にない異物を体内に入れるものですが、象牙質移植はもともと患者さんの体内にあったものですので、拒絶反応などを起こしませんし、長期的に安定し、安全です。

また、象牙質を用いた治療は歯科業界だけにとどまらず、全身の医科の再生医療に活用できるよう研究が進められ、また、実用化もされています。

象牙質のなかには「BMP」と呼ばれる成長因子が含まれているので、術後の治りが非常に早く、腫れにくく、痛みが少ないのが特長です。


BMPとは?
骨形成タンパク質(bone morphogenic protein)と呼ばれる成長因子のことです。
このBMPを移植した部分は、移植しない部分に比べ、術後の治りが早く、痛みや腫れが少ないことが認められています。
歯から象牙質を抽出する方法
矯正によって抜歯する歯や、抜歯された親知らずを用います。または、過去に抜歯して、ティースバンク(歯の銀行)に預けておいたご自身の歯を保存しておき、それを使用します。
ティースバンクについて詳しくはこちらから









その歯を特殊処理、不要なエナメル質を溶かします。


















特殊な機械を使用して歯から象牙質以外の余分なものを取り除いていきます。

















BMPを含んだ象牙質のみを抽出したものです。


















その象牙質を骨の足りない部分に移植します。
術後は通常の骨移植や人工骨を用いた手術より痛みや腫れが少なく、安定しやすいです。